2018年5月15日火曜日

3DPrinterOS と Microsoft がクラウド管理型3Dプリンターソフトバンドルを発表

米国カリフォルニア州発:Microsoft はこのほど、クラウド型3Dプリンター OS プラットフォーム 3DPrinterOS(運営主体 3D Control Systems Ltd )と協同で、企業ネットワーク内での3Dプリンター導入を容易にするソフトウェアバンドルを発表した。

今回発表された両社の新ソフトウェアバンドルは Microsoft Azure クラウドプラットフォームを介して、ユーザー企業側がイントラネット内で3Dプリンターの展開を安全かつ容易に行える仕組み。Fortune 500 リスト企業の約9割がすでに Microsoft Azure の契約ユーザーであり、Azure 経由でただちにソフトウェアバンドルを展開可能になる。

ユーザーは事前承認済み IT ソリューションを3Dプリンターのセキュアな管理に使用でき、さらに ISO 27001 や HIPAA といったセキュリティおよび個人情報保護関連の基準に準拠した Azure クラウド上で 3DPrinterOS のサービスが利用可能になり、イントラネット経由でファイル等の共有もできる。ユーザー企業の IT 担当部門は、Azure のセキュアなクラウドにアクセスできればどこにいても3Dプリントが実行でき、同時に多数のエンジニアもユーザー企業側のイントラネット経由でアクセス可能だ。

3DPrinterOS の対応3Dプリンターは Ultimaker、MakerBot、LulzBot など。

参照元記事

2018年5月13日日曜日

皮膚組織が再生可能な新型バイオ3Dプリンターの試作機を開発

カナダ・オンタリオ州発:トロント大学の研究者グループはこのほど、人間の皮膚組織を再生可能なバイオ3Dプリンターの試作機を開発し、ナノテクノロジー関連専門誌 Lab on a Chip 電子版上に発表した。

同グループによると、今回開発したのは皮膚細胞、コラーゲンおよび線維素(フィブリン)から構成される特殊ゲルを使用したバイオ3Dプリンター。ラベルプリンターとグルーガンのハイブリッドのような外観を持つ試作機は、水圧を利用してバイオインクを押し出す仕組み。皮膚上に生じた傷口をこのバイオインクが覆って、皮膚組織を再生させるというもの。

現在、臨床試験には被験体となる動物保護や、人体の場合には時間がかかりすぎる等、解決すべき問題がある。だがこのようなバイオ3Dプリンターを導入すれば、医療現場で安価に、そして容易に代替治療が行えるようになる。同グループ研究主筆らは、将来的には交換可能なカートリッジ式システム開発を目指すとしている。



参照元記事

2018年5月6日日曜日

ターメリックパウダー成分配合のセラミック3Dプリントで骨組織再生率が 30 % 以上も向上

米国ワシントン州発:ワシントン州立大学の研究者グループはこのほど、骨組織にカレー原料のひとつターメリックパウダーに含まれる成分を配合した足場材をセラミック3Dプリントで生成したところ、骨組織が 30 - 45% ほど多く再生できたと専門誌 Materials Today Chemistry 電子版上に発表した。

今回の研究では生物的適合性セラミック素材から3Dプリントで足場材を生成し、そこに骨組織増加を促進する細胞を移植。これは骨粗鬆症などの骨疾患に用いられる手法だが、現行方式には骨組織再生サイクルとバランスがとれない、または骨組織の組成上の問題があった。

そこで同グループはターメリックパウダーに含まれる有効成分クルクミンを親水性ポリマーに封じ込め、それを3Dプリントで生成したリン酸カルシウムの足場材にコーティング。すると新しく再生した骨組織細胞および血管組織の活性力と増殖力がともに向上。自然治癒力も従来方式より高まったという。

天然由来成分には消炎作用や感染制御、および抗癌特性といった利点が多く含まれており、同グループでは今後、アロエベラ抽出物、サフラン、ビタミンD、ニンニク、オレガノ、ショウガといった天然に見出される有効成分を骨疾患治療に応用できないか検討するという。

参照元記事

2018年4月30日月曜日

人体に直接プリントできる3Dプリント電気回路を世界で初めて試作

米国ミネソタ州発:ミネソタ大学の研究者グループはこのほど、人体へ直接電気回路を3Dプリントする技術を開発し、学術誌 Advanced Materials 電子版に発表した。

同グループが開発したのは改造を施した市販の廉価な3Dプリンターを使用して、銀インクベースの電気回路を直接、人間の皮膚上にプリントするという技術。将来、戦場にいる兵士が化学兵器や生物兵器などの検知を可能にすることに応用できるという。人体に電気回路を直接3Dプリントする技術は今回が世界初。

論文の代表著者 Michael McAlpine 氏によると、3Dプリント回路はマーカーを通じて皮膚の動きや形状変化を感知でき、皮膚の動きに応じて回路形状を安定させているという。素材の銀インクは従来のように 100°C を超えるような高温ではなく、室温で固結する特殊な導電素材を使用している。同氏は今回開発した技術について、「その場で必要なものすべてがこのウェアラブル3Dプリントツールひとつで用意可能になる、スイスのアーミーナイフのようなツール」と説明する。




参照元記事1.
参照元記事2.

2018年4月22日日曜日

世界最強・最長の3Dプリント製「メガチェーン」が初披露へ

ドイツ・レックリングハウゼン郡発:3Dプリントソリューションの EnvisionTEC は、世界最強の超高剛性3Dプリント素材で製作したチェーンを初披露する。

同社の開発した史上最強の3Dプリント素材「 E-RigidForm 」はポリウレタンに似た樹脂素材で、引張強度 68-73 MPa、伸び率 7% まで耐えられるという高強度を持ち、試作品製作用途、最終製品製造用途どちらにも適しているという。公開される E-RigidForm チェーンの全長は約 100 mで、これは単一3Dプリント製チェーンとしては史上最長記録。16 層からなり、ジョイント総数は 6,144。

同社はこの世界最長の単一3Dプリント製チェーン製作に当たり、「 Xede 3SP 」3Dプリンターを延べ 4 日と99時間、無人稼働させて完成させた。設計から製品完成までには 2 週間以上かかっている。

「 E-RigidForm 」の発表で同社の持つ3Dプリント樹脂素材の製品ラインアップ数は歯科技工業界認定のキャスタブル樹脂も含め 50 に達した。この3Dプリント「メガチェーン」は 4 月 24 - 26 日に米国テキサス州フォートワース市内で開催される「 RAPID + TCT 」に出品される。

参照元記事1.
参照元記事2.

2018年4月14日土曜日

GE Additive が3Dプリント最新技術と今後の展望を発表

米国オハイオ州発:GE Additive はこのほど、同社設立からの軌跡と今後の金属を含む AM 部門の展開について、同社戦略担当主任が発表を行った。

GE の AM 部門として 2016 年に設立された同社はその年のうちに金属3Dプリンターベンダー Arcam AB( スウェーデン )と Concept Laser( ドイツ )2 社を買収。同社は 2 社買収前から AM 部門を強化しており、航空機製造部門 GE Aviation は同社供給の「 LEAP 燃料ノズル」を含む金属3Dプリント製エンジン部品の使用率を 40 % にまで引き上げている。

AM 部門の展望については「 A.T.L.A.S 」と銘打たれたプロジェクト、M Line Factory および Binder Jet プラットフォームに関する説明があり、4 月 23 − 26 日に開催される AM 関連イベント「 RAPID + TCT 」に出展予定の同社最新技術「電子ビーム溶結法( EBM )」についてのプレビューも披露された。

現在、同社は 1,000 以上もの AM 関連プロジェクトを進めており、AM 市場は今後 10 年以内にも 760 億ドル規模にまで達すると予測している。

参照元記事

2018年4月3日火曜日

油の除去方法を一新する可能性を秘めた3Dプリント微小構造物を開発へ

米国カリフォルニア州発:南カリフォルニア大学の研究者グループはこのほど、自然界の葉の形状にヒントを得て3Dプリントで作成した微小構造物の開発に取り組んでいる。

同グループによると、開発する上で着目したのが南米ブラジル原産のオオサンショウモの構造。オオサンショウモは疎水性のある構造で、浮袋のように水面に浮くことができる。同グループではこのオオサンショウモの撥水構造を3Dプリントで再現した微小構造物の製造と実用化に向けて研究を進めている。これが実用化できれば、たとえば原油流出事故などの人為的原因による海洋汚染の際、汚染物質と海水とを分離可能になるとしている。

同グループが使用した3Dプリント技術は一般的な FDM 方式ではなく、「表面浸漬積層法 ISA-3D printing 」と呼ばれる方式のもの。同グループはこの3Dプリント技術でプラスチック樹脂とカーボンナノチューブ素材からオオサンショウモを模した泡立て器のような構造の並ぶ微小構造物を試作した。同グループはこれから実施する検証作業で疎水性および油分を吸着する毛細管現象が確認されれば、油の除去作業を一新できる可能性があるとの期待を示す。




参照元記事